スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

鉛筆画のこと

JUGEMテーマ:絵・イラスト・挿絵

 

水彩ばかりではなくこの数か月の間は鉛筆画も

数枚描いていました。

(Twitterにはすでに挙げてあります)

今日はその鉛筆画の紹介を。

 

 

Twitterにpostしたものよりも断然大きな画面なので、

こちらの方が細部まで見ていただけそうですね。

 

この絵を描こうと思ったきっかけは

昨年の春、某美術館で行われた「岡耕介展」を見たからなんです。

この岡さんは茅ヶ崎市在住の画家さんなのですが

この展示会の時には油彩を中心にたくさんの絵を展示されていました。

その油彩画に交じっていくつかはがきサイズの鉛筆画があったのですが

これがみな「機械化昆虫」だったんです。

とても面白いなぁ、自分もいつかこのモチーフで描いてみたいなぁ、

と思ったのがきっかけでこの絵を描いたんですね。

ですからこの絵のタイトルは「少女と大型機械化昆虫」です。

 

 

 

勢いでこんな絵も描いてみました。

タイトルは「少女と電球」。

Twitterの方には書いているんですが

実はこの少女はつぶやくんですよ。

「電球切れちゃった。あ、でも替えればいいのか」って。

人生の中では多かれ少なかれトラブルがつきものなのですが

そのトラブルの時、冷静になって考えてみれば

あたり前な正解がすぐにわかることってあるよね?

っていうモチーフなんです。

でもこの絵を見た方がどんな感想をお持ちになっても

それは正解。

人それぞれ、いろんな感じ方があっていいと思いますし、

そもそも絵って、そう、いろんな人にいろんな思いを生じさせるツールなんだ

って思ってますから。(^^)

 

さ、あと一枚。

 

 

これはもうお馴染みとなったカピバラ君たち一行の絵です。

日本を発ちサンタの国に向かったカピバラたち、途中、ヨーロッパではこんな感じで

サンタの国に向かっていたのさ、という鉛筆画です。

細部も見ていただけたら幸いですね。

 

こんな感じで昨年暮れごろからは鉛筆画も楽しんでいます。

今年2019年も鉛筆画にチャレンジして楽しんでみたいと思ってます。

それではまた(^^)/

 

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村

 

スポンサーサイト

コメント